小陰唇縮小術

小陰唇縮小術とは?

『小陰唇縮小術』とは、小陰唇の余分な部分を切除して、形を小さく美しく整える治療です。小陰唇の形が左右で異なっていたり、生まれつきや老化で小陰唇が大きいといった小陰唇の形状に関するトラブルを根本から解決します。

小陰唇縮小術とは

処小陰唇縮小術で得られる効果

  • 小陰唇の形成
  • 黒ずみ除去
  • 臭い改善
  • 小陰唇肥大改善

小陰唇縮小術の特徴

機能面にも配慮された美しいデザイン

小陰唇が生まれつき大きかったり、加齢により肥大してくると、見た目の印象だけでなく摩擦で擦れて痛みを感じるなどトラブルが生じやすくなります。オザキクリニックの『小陰唇縮小術』では、トラブルの原因となる余分なヒダや黒ずみを取り除いて美しい形に仕上げます。性行為や日常生活において支障をきたさないよう機能面にもしっかり配慮してデザインします。

機能面にも配慮された美しいデザイン

溶ける糸で抜糸不要!傷跡を最小限に

オザキクリニックの『小陰唇縮小術』では、縫合時は極細の溶ける糸を使用します。抜糸が要らないので、再度来院いただく必要がなく通院負担が少なくて済みます。また、表面に傷跡が残らないよう、小陰唇の粘膜下を緻密に縫い合わせるため、仕上がりがきれいで回復も早くなります。

溶ける糸で抜糸不要!傷跡を最小限に

リラックス麻酔で痛みゼロ

治療時の痛みが心配、気になるといった方が多くいらっしゃることから、『小陰唇縮小術』ではお客さまへの負担を最小限にするため「リラックス麻酔」を使用します。点滴で麻酔液を注入し、眠った状態で治療を受けられるので、痛みや不安を感じることなく安心して治療をお受けいただけます。

リラックス麻酔で痛みゼロ

婦人科形成スペシャリストが一貫して担当!

婦人科形成スペシャリストが、優れた判断力と鍛え抜かれた技術で小陰唇を小さくきれいに形を整えます。担当医師が診察から治療まで一貫して担当しますので、不安なことや気になることは気軽に医師に相談できます。

婦人科形成スペシャリストが一貫して担当

治療方法

トラブルの原因となっている小陰唇の余分なヒダや黒ずみをきれいに切除していきます。小陰唇は多くの血管が張り巡らされ血流が非常に良いので、患部の回復は早く傷跡が残ることはほとんどありません。

治療方法
治療方法

施術概要

施術時間

約60~90分

痛み

ほとんどなし

ダウンタイム

3日~1週間

シャワー

当日からOK

入浴

1週間後からOK

性行為

1ヶ月後からOK