尿漏れ

成人女性の3人に1人が悩む尿漏れ

くしゃみや咳をしたらおしっこが漏れてしまった…トイレに行ったのに間に合わずに漏れてしまった…このような経験はありませんか?成人女性の3人に1人は経験があると言われている「尿漏れ」。女性は、男性に比べて尿道の長さが5分の1ほどしかないため、尿トラブルが起こりやすいと言われています。自分の意志とは関係なく漏れてしまうため、不安感が強く外出時が不安でレジャーが楽しめないなど、日常生活へ支障をきたす症状です。

成人女性の3人に1人が悩む尿漏れ

尿漏れが起こる原因

尿漏れが起こる原因は症状によりさまざまです。尿漏れの中でも幅広い年代でお悩みが多いのが「腹圧性尿失禁」と呼ばれるお腹に力が加わった時に起こる尿漏れです。この「腹圧性尿失禁」が起こる要因は大きく3つあげられます。

尿漏れが起こる原因

膣のゆるみを治療する方法は、切らないレーザー治療から注入治療、美容外科治療まで幅広くあります。どのような治療法があっているかお客さま一人ひとりの症状に合わせて丁寧に診察をしますのでぜひ一度ご相談ください。

骨盤底筋のゆるみ

女性には「骨盤底筋」と呼ばれる子宮や膀胱などの臓器が下りてこないようにハンモック状に支えている筋肉がありますが、これらの筋肉が出産などでダメージを受けたり老化よりゆるんでくると、尿道口や膣口を引き締める力が弱くなり、尿が漏れやすくなります。

臓器の下垂

骨盤底筋がゆるむと臓器が従来の位置から下垂していき、尿道が短くなることでより尿漏れしやすくなります。また、膀胱よりも上の臓器が下りてくることで膀胱が圧迫されて尿意を感じやすくなることもあります。

女性ホルモンの減少

尿漏れは年齢を重ねるごとに症状が起きる割合が高くなります。それは、更年期による女性ホルモンの減少が影響していると言われています。女性ホルモンの減少による筋肉低下や便秘、冷え性も尿漏れの原因になることがあります。

くしゃみや重たいものを持った際に、たまにはずみで漏れてしまうケースなら、そこまで心配する必要はありませんが、下着を変えるほど尿が漏れるようになったり、尿漏れの頻度が増えてきた場合は、治療を検討する段階です。

膣のゆるみをそのまま放置すると、子宮が膣から外へ出てしまう「子宮脱」まで症状が進行する可能性があるため、膣に違和感を感じている方は治療をご検討ください。

尿漏れの治療法

オザキクリニックでは安全性の高いレーザーによる”切らない”尿漏れ治療を積極的に行っています。

インティマレーザー

『インティマレーザー』は、最新の婦人科専用レーザーを使用した”切らない”治療です。尿道口や尿道に隣接している膣内からレーザーを照射することで、尿道周辺を強力に引き締めます。メスを使用しないので合併症や失敗のリスクがなく安心して尿漏れ治療が可能です。

インティマレーザー

インティマレーザー >