萎縮性膣炎

閉経に多く見られる膣トラブル「萎縮性膣炎」

「萎縮性膣炎」とは、閉経後に女性ホルモンのエストロゲンが減少することによって起こる膣壁が薄くなる症状です。「膣萎縮症」とも呼ばれており、閉経後の女性の約40%が「萎縮性膣炎」を発症すると言われています。出産経験のある女性よりもない女性の方が「萎縮性膣炎」を発症しやすい傾向にあります。「萎縮性膣炎」になると、さまざまな膣トラブルが起こりやすくなります。

  • 細菌増殖による膣内の炎症
  • 膣の乾燥によるヒリヒリ感
  • かゆみ・臭い・おりものの増加
  • 性交後の出血
  • 性交時の不快感や痛み
  • 排尿時に痛みやヒリヒリ感
  • 尿失禁
閉経に多く見られる膣トラブル「萎縮性膣炎」

萎縮性膣炎が起こる原因

正常な膣環境は、膣壁が肉厚で水分量が豊富に含まれています。また、膣内には自浄作用があり、膣内に存在する常在菌が膣の分泌物を分解し、常に膣内を酸性に保っていることで有害な細菌の繁殖を抑制しています。しかし、女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、膣壁が薄くなってタンポンの使用や性交渉などで膣壁を損傷しやすくなったりヒリヒリとした痛みを感じやすくなります。また膣内が乾燥して膣内の酸性度が変化しやすくなるので、有害な菌が繁殖しやすくなり、かゆみや炎症を引き起こしたり悪臭やおりものの増加が起こります。

「萎縮性膣炎」を知っている方は意外と少なく、治療ができることを知らない方も多くいます。「萎縮性膣炎」は治療を受けなければ自然に治癒することはありませんので、「萎縮性膣炎」でお困りの方はぜひ治療をご検討ください。

萎縮性膣炎の治療法

オザキクリニックでは安全性の高いレーザーによる”切らない”萎縮性膣炎治療を積極的に行っています。

インティマレーザー

『インティマレーザー』は、最新の婦人科専用レーザーを使用した切らない治療です。レーザーの温熱効果で膣口~膣奥まで強力に引き締め、膣内のコラーゲン生成の活性化や細胞の再構築を促します。水分を保持した新たな細胞が増殖されるため、肉厚で柔らかな膣環境へ改善されます。リスクが少ない治療を受けたい方や膣エイジングケアで膣本来の機能を高めたい方におすすめです。

インティマレーザー

インティマレーザー >